electropicoの音楽三昧

サルサ・キューバ音楽を中心に ラテン~ワールドミュージックまで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レビュー)12/17 NINETY MILES @BluenoteTokyo



今年発売のアルバム"NINETY MILES"は、ステフォン・ハリス(ビブラフォン)、ニューオリンズ出身のクリスチャン・スコット(トランペット)、プエルトリコ出身のダビッド・サンチェス(サックス)の3人がキューバへ渡り、キューバ側からはレンベル・ドゥアルテとハロルド・ロペス=ヌッサ他の参加を得て録音されたラテンジャズの好作だ。



ただし、CDのライナーにおいても、公式サイトでも、フロント3人以外については、名前以外は一切触れていない。
さびしい話だが、あくまでもこの3人のアルバム、ということなのだろう。
キューバファンとしては少々残念。

当然ながら、今回の来日でも、録音に参加したキューバ人ミュージシャンは参加していない。
今回集められたバックのメンバーは、もちろん、それぞれラテン音楽のバックグラウンドを持つメンバーが集められている。その中でキューバ出身はパーカッションのマウリシオ・エレーラ、一人。

_MG_5581_mini.jpg


この夜演奏されたのは、すべてアルバム"NINETY MILES"の収録曲から。

12/17 2ND SET
1.BLACK ACTION FIGURE
2.THE FORGOTTEN ONES
3.AND THIS TOO SHALL PASS
4.CITY SUNRISE
5.E'CHA

演奏はスムーズ。ラテン過ぎず、アバンギャルドでもない。
3人のソロが中心となるが、特に印象深かったのはビブラフォンだ。
スタイリッシュでダイナミック。ステージアクションの見栄えもいい。

そして、期待をしていたキューバ色だが、これはやはり唯一のキューバ人、パーカッションのマウリシオにかかっていた。
アルバムではバタを用いた曲は3曲のみだったが、マウリシオはそれ以上にバタを多用していた。
曲の途中の持ち替えでバタが鳴り出すと、とたんにアフロキューバの雰囲気になる。
(翌日はバタをあまり使わなかったという話を聴きました。)

_MG_5581_bata.jpg

ところで、彼は3本のバタを一人で叩くスタイルだが、それ専用のスタンドを使っているのは驚いた。

調べてみると、パーカッションで有名なLP社がこんなスタンドを作っている。
世の中には、これの需要がある、ということだろう。驚いた。


ちなみに彼、コンガを叩く際にマルチャ(一般的なツクパカツクトト)をあまり用いず、ボンバのようなパターン(多分)を多用していたのは興味深かった。


そんなわけで、演奏は楽しんだが、アメリカとキューバの関係についてまた少し考えてしまった、そんな夜だった。
スポンサーサイト

テーマ:ラテン、ブラジル、ボサノヴァ、フォルクローレetc. - ジャンル:音楽

  1. 2011/12/19(月) 14:31:41|
  2. 来日コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://electropico.blog.fc2.com/tb.php/38-f68cf6cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。